前へ
次へ

タバコを吸う人が歯医者を頼るべき理由

タバコは休憩をする時等に吸うと精神的な落ち着きを与えてくれる存在ですが、肺だけでなく歯にも悪い影響を与える事があります。歯に与える影響としては表面上ではヤニが歯に付着する事で、歯が黄ばんでしまう事が考えられます。歯に付着した黄ばみを放置すると、汚れを取り除くのが困難になるので、歯医者を頼る必要があります。黄ばみだけであれば治療は難しくないですが、タバコを習慣的に吸っていると歯周病を発症するキッカケになってしまう事があるので、かかりつけの歯医者を用意しておく事が大切です。タバコが歯周病に与える影響としてはニコチンで身体の免疫力を下げてしまう事と、ヤニが付着した部分に歯周病菌が張り付きやすくなる事が原因になってきます。その為定期的に歯医者を利用して歯に付着したヤニを除去する事で、歯周病になってしまうリスクを減らす事ができます。ヤニの除去は見た目が綺麗になる効果だけでなく、歯周病等を未然に防ぐ効果もあるので、タバコを吸う方は特に歯医者を定期的に頼る事が必要です。

Page Top